大陸の北西に位置する、オーク達の母なる島オークランド

オーク軍の本隊が巣食う闇の島です


長い戦いの末、大陸を統べた人間の英雄王は

この世に残された最後の闇であるこの島をも我が物とせんと

大軍を持ってオークランドに攻め寄せてきました


英雄王の軍勢は見る見るうちにオークランドを席巻し

そしてついに・・・





オークの王城「オークパレス」は落とされ、オーク王カッディも討ち取られます。

隻眼の鬼将軍と異名を持つオークの将軍グレゴリーは、最後まで善戦しますが英雄王自らの手によって敗れます。

人間の軍勢は執拗な掃討戦を行い・・・・・。

こうして闇の島オークランドからオークは絶滅してしまいます。

ニンゲン達は、豊富な資源を有するオークランドに続々と入植してきました。

未開であった闇の島は、ニンゲンの開拓者によってどんどん開かれていきました。


そして1年。

オークランド島は、グランバニア島と改名され、完全に人間の住む島になってしまったのです。







ウイル爺

ところがどっこい。オークは全滅などしておらんかったのじゃ!

オークの長老たるワシ、ウイル爺は、瀕死の重傷を負っていたグレゴリー将軍を見つけ、「オークの母なる洞窟」まで運び、オークを癒す「母なる泉」で根気よく1年間将軍を治療したのじゃ。

そのかいあって、グレゴリー将軍は英雄王に受けた傷をすっかり回復することができた。

じゃが、英雄王の圧倒的な力の前に屈してしまった将軍の心だけは癒すことができなかったのじゃ・・・。




グレゴリー

プレイヤーは、そんな心を折られた鬼将軍であるオレ様を操って、ニンゲンに乗っ取られたオークランドを再びオークの手に取り戻す為の戦いをするわけだ!

折れた心なんてすぐ治るけどな!オークらしく!

ぶひひひひひひひひひひひっ!




ウイルソン

主人公はオークだからね。適当に、無軌道に、好き勝手に、オークらしく遊んでもらうのがいいんだけど、「オークストライク」は、ちょっと変わったルールになっている部分もあるので、この特設ページで必要最低限の解説をさせていただくことにするよ。

見なくても全然問題ないと思うから、ノーヒントで行きたい生粋のオーク野郎は、今すぐゲーム本編にゴー!だっ!




inserted by FC2 system